真の1500Rで没入感が凄い曲面ゲーミングディスプレイAORUS CV27Q / AORUS CV27Fの2モデルを9月6日(金)より日本でも発売開始!

応答速度1ms, リフレッシュレート165Hz, AMD FreeSync 2 HDRにも対応

2019/09/02

マザーボードとグラフィックスカードの大手メーカーであるGIGA-BYTE TECHNOLOGY Co. Ltdは、1500Rの曲面パネルを採用した戦術的ゲーミングディスプレイ、「AORUS CV27Q」および「AORUS CV27F」の2製品につきまして、日本での取り扱いを開始いたします。

国内正規代理店を通じ、96日(金)より発売いたします。

AORUS CV27QおよびAORUS CV27Fの詳細に関しては、以下をご参照ください。

1.モデル名:AORUS CV27Q

販売想定売価:税抜 62,800円
製品ウェブサイト:https://www.gigabyte.com/jp/Monitors/CV27Q#kf






【製品特徴】
AORUS CV27Qは27インチ、QHD(2560x1440、比率16:9)のディスプレイで、1500Rの湾曲VAパネルを採用しています。1800Rの湾曲パネルと比較すると、1500Rは人間の目の自然な曲線により似ており、より没入感があります。

また、AORUS CV27Qは、1ms(MPRT)の応答時間と165Hzのリフレッシュレートに加えて、90%DCI-P3とネイティブ8ビットカラーを提供し、美しい画質を実現します。AORUS CV27Qのもう1つの機能は、AMD Radeon FreeSync 2 HDRテクノロジーをサポートしていることです。この技術はLFC(低フレームレート補完)技術を提供し、HDR品質を次のレベルに引き上げます。加えて、VESA認定のDisplayHDR 400規格に合格しているため、このディスプレイを使用することで、映画、ストリーム、またはビデオをリッチに視聴することもできます。さらに、合計32.4Gbit/sの高帯域幅を提供するHBR3(High Bit Rate 3)をサポートしており、165Hzのリフレッシュレート、QHD解像度、HDR、8ビットカラーを同時に楽しむことができます。

AORUS CV27QはデジタルLEDライティングを搭載しているほか、画面を立体的に調節するための金属製スタンドを提供します。また、電源が内蔵されているため、分厚いACアダプターを使用する手間を省くことができます。CV27Qには、他のAORUS戦術的ディスプレイと同じ革新的な戦術的特徴、チームメイトとの明確なコミュニケーションを可能にするANC 2.0機能、ゲームアシスト、AORUSダッシュボードをはじめとするすべての戦術的機能を搭載しています。その他、ピクチャーインピクチャー、ピクチャーバイピクチャー(PIP / PBP)もサポートしています。

AORUS CV27Qの戦術的特徴は以下の通りです。

●ブラックイコライザー2.0:画像の暗い部分を明るくして、暗い部分の視認性を高めます。CV27Qではより自然に暗い部分を明るくするブラックイコライザー2.0を搭載しています。1,296分割したブラックイコライザーを同時に調整するため、ゲーム中、他の表示領域に影響を与えずに暗い部分の詳細を深めます。

●エイムスタビライザー:この機能は、FPSゲームでの射撃の反動で起きる映像のブレを軽減するのに役立ちます。移動する敵を簡単に追跡するのにも役立ちます。

●ゲームアシスト:これはゲームであなたを助けるOSD機能のキットです。それはカスタマイズ可能な照準線、カウンター、タイマー、そしてマルチスクリーンをきれいに並べるためのアライメント機能を含みます。

●AORUSダッシュボード:マウスDPIやGPU / CPU情報など、ハードウェア情報を直接画面に表示できます。

●OSD Sidekick:このソフトウェアを使ってディスプレイを制御したり、マウスとキーボードでOSDを制御したりできます。ディスプレイの調整がとても簡単に行えます。



●アクティブノイズキャンセリング2.0(ANC 2.0):マイクをディスプレイに接続すると、周囲のノイズをキャンセルすることができるようになります。チームメイトとコミュニケーションを取っているときにマイクを通過するのは、あなたの声だけです。CV27Qでは、最高120dbのSNR(最大600入力インピーダンス)を提供する、ANC 2.0を搭載しています。



2.モデル名:AORUS CV27F

販売想定売価:税抜  48,000円
製品ウェブサイト:https://www.gigabyte.com/jp/Monitors/CV27F#kf






【製品特徴】
AORUS CV27Fは27インチ、フルHD(1920x1080、比率16:9)のディスプレイで、人間の目の自然な曲線により近く、より没入感を提供する1500Rの湾曲VAパネルを採用しています。

また、AORUS CV27Fは、1ms(MPRT)の応答時間と165Hzのリフレッシュレートに加えて、90%DCI-P3とネイティブ8ビットカラーを提供し、美しい画質を実現します。AORUS CV27Qのもう1つの機能は、AMD Radeon FreeSync 2 HDRテクノロジーをサポートしていることです。この技術はLFC(低フレームレート補完)技術を提供し、HDR品質を次のレベルに引き上げます。加えて、VESA認定のDisplayHDR 400規格に合格しているため、このディスプレイを使用することで、映画、ストリーム、またはビデオをリッチに視聴することもできます。

AORUS CV27FはデジタルLEDライティングを搭載しているほか、画面を立体的に調節するための金属製スタンドを提供します。また、電源が内蔵されているため、分厚いACアダプターを使用する手間を省くことができます。CV27Fには、他のAORUS戦術的ディスプレイと同じ革新的な戦術的特徴、チームメイトとの明確なコミュニケーションを可能にするANC機能、ゲームアシスト、AORUSダッシュボードをはじめとするすべての戦術的機能を搭載しています。

AORUS CV27Fの戦術的特徴は以下の通りです。

●ブラックイコライザー:画像の暗い部分を明るくして、暗い部分の視認性を高めます。CV27Qではより自然に暗い部分を明るくするブラックイコライザーを搭載しています。

●エイムスタビライザー:この機能は、FPSゲームでの射撃の反動で起きる映像のブレを軽減するのに役立ちます。移動する敵を簡単に追跡するのにも役立ちます。

●ゲームアシスト:これはゲームであなたを助けるOSD機能のキットです。それはカスタマイズ可能な照準線、カウンター、タイマー、そしてマルチスクリーンをきれいに並べるためのアライメント機能を含みます。

●AORUSダッシュボード:マウスDPIやGPU / CPU情報など、ハードウェア情報を直接画面に表示できます。

●OSD Sidekick:このソフトウェアを使ってディスプレイを制御したり、マウスとキーボードでOSDを制御したりできます。ディスプレイの調整がとても簡単に行えます。

●アクティブノイズキャンセリング(ANC):マイクをディスプレイに接続すると、周囲のノイズをキャンセルすることができるようになります。チームメイトとコミュニケーションを取っているときにマイクを通過するのは、あなたの声だけです。


             【CV27QおよびCV27Fの比較表】