GIGABYTEゲーミングシリーズディスプレイ G34WQCを9月18日(金)より日本でも販売開始

曲率1500Rと21:9のワイド画面で没入感が全く変わる!34インチ曲面ゲーミングディスプレイ

2020/09/14

マザーボードとグラフィックスカードの大手メーカーであるGIGA-BYTE TECHNOLOGY Co. Ltdは、32インチのゲーミングディスプレイ、「G34WQC」につきまして、日本での取り扱いを開始いたします。

国内正規代理店を通じ、9月18日(金)より発売いたします。

G34WQCの詳細に関しては、以下をご参照ください。
 

1.モデル名:G34WQC


販売想定売価:税込 57,970

製品ウェブサイト: https://www.gigabyte.com/jp/Monitor/G34WQC#kf



【製品特長】

G34WQC34インチ、UWQHD3440x1440、比率21:9)の曲面ディスプレイです。1500Rの湾曲VAパネルを採用しており、人間の視野(1000R)により近い曲率により、非常に没入感に優れています。また、同サイズの169ディスプレイと比べると、30%、表示領域が広がり、複数の作業を行う際にも大きな戦力となることでしょう。
1msMPRT)の応答時間、144Hzのリフレッシュレートというゲームプレイにふさわしい性能だけでなく、DCI-P390%sRGB120%カバーする色域とネイティブ8ビットカラー、さらにVESA認定のDisplayHDR 400規格に合格しているため、このディスプレイを使用することで、美しい画質で映画、ストリーム、またはビデオなどもリッチに視聴することができます。さらに、AMD FreeSync Premiumテクノロジーをサポートしており、ティアリングやちらつきのない、低レイテンシーなゲーム体験を提供できます。



GIGABYTEゲーミングシリーズは、そのデザイン哲学に基づいたシンプルなデザイン、機能性に優れる頑丈なスタンド、さらにそれらを特徴づけるためにマット仕上げされた、落ち着いた外観となっています。
大きなディスプレイですが、スタンド設計にも注力しており、一般的な同スペックの製品に比べて、26%の机の占有面積削減を果たしています。大型でも、机を圧迫しにくい点も大きな特徴です。

ゲーマーのニーズにも十分応えられる機能も搭載しており、ブラックイコライザー、エイムスタビライザー、ゲームタイマー、リアルタイムリフレッシュレート表示などのアシスト機能を搭載しています。

●ブラックイコライザー:画像の暗い部分を明るくして、暗い部分の視認性を高めます。

●エイムスタビライザー:この機能は、FPSゲームでの射撃の反動で起きる映像のブレを軽減するのに役立ちます。移動する敵を簡単に追跡するのにも役立ちます。

●ゲームタイマー:OSD表示のカウントダウンタイマーを搭載します。 

●リフレッシュレート表示:OSD表示でディスプレイの動作リフレッシュレートをリアルタイム表示します。

●クロスヘア:OSD表示でディスプレイの中心に照準線を表示します。

●ピクチャーインピクチャー、ピクチャーバイピクチャー:2入力の同時表示が可能です。左右分割、子画面表示に対応しています。