GIGABYTEゲーミングシリーズディスプレイ、「M34WQ」を5月27日(金)より日本でも販売開始

21:9の超ワイド画面、平面タイプでゲームだけでなくクリエイティブ作業や仕事にも。

2022/05/23

マザーボードとグラフィックスカードの大手メーカーであるGIGA-BYTE TECHNOLOGY Co. Ltdは、34インチのゲーミングディスプレイ、「M34WQ」につきまして、日本での取り扱いを開始いたします。

国内正規代理店を通じ、5月27日(金)より発売いたします。

M34WQの詳細に関しては、以下をご参照ください。

モデル名:M34WQ

販売想定売価:税込 83,600円

製品ウェブサイト:
https://www.gigabyte.com/jp/Monitor/M34WQ/
https://www.aorus.com/ja-jp/monitors/M34WQ/Key-Features



【製品特長】

M34WQは34インチ、UWQHD(3440x1440、比率21:9)の平面ディスプレイです。同サイズの16:9、QHD(2560x1440)ディスプレイと比べた場合、表示領域が30%広がります。表示領域が広がることで高い没入感を得るだけでなく、より多くの情報を得られるようにもなり、ゲームプレイを優位に運べるでしょう。また、デスクトップが広くなった分、複数の作業を行う際にも大きな戦力となることでしょう。M34WQは視野角に優れるIPSパネルを採用しており、広いデスクトップを見る際にも、色変化を気にすることなく全体を見渡すことができます。

1ms(MPRT)の応答時間、最大144Hzのリフレッシュレートというゲームプレイに相応しい性能だけでなく、AMD FreeSync Premiumテクノロジーをサポートしており、ティアリングやカクツキのない、低遅延なゲーム体験を提供できます。また、DCI-P3を91%、sRGBを117%カバーする色域とネイティブ8ビットカラー、HDR(VESA DisplayHDR 400認証)の対応により、美しい画質で映画やビデオを楽しむこともできます。

KVM機能はUSB-CにノートPCやタブレットなどを接続して使用します。キーボード、マウスをディスプレイのUSB 3.0 Type-Aポートへ接続し、USB-CへノートPCやタブレットなどを接続することで、これらの画面をディスプレイに表示できるほか、キーボード、マウスをその操作に使用することができるようになります。切り替えのために専用のKVMボタンを搭載しており、OSDメニューなどを開くことなくワンタッチで切り替えができ、スピーディーな連携が可能となっています。

M34WQ自体をドッキングステーションのように扱えるようになるほか、モバイルゲームなどを大画面で楽しむことも可能となります。この一台にあなたのデバイスが集約できます!

※USB Type-CデバイスはDisplayPort Alternate Modeに対応している必要があります。

また、USB 3.1 Type-Cケーブルは、10Gbps転送可能である必要があります。

GIGABYTEゲーミングシリーズは、そのデザイン哲学に基づいたシンプルなデザイン、機能性に優れる頑丈なスタンド、さらにそれらを特徴づけるためにマット仕上げされた、落ち着いた外観となっています。

I/Oポートは、先述のUSB-C入力の他、DisplayPort 1.4×1、HDMI 2.0×2の映像入力を搭載。また、サウンドに関しては、3W×2のステレオスピーカー、ヘッドホン出力を装備しています。

ゲーマーのニーズにも十分応えられる機能も搭載しており、ブラックイコライザー、エイムスタビライザー・シンク、ゲームアシストなどの戦術的機能のほか、ディスプレイの設定をマウス、キーボードで簡単に調整できるOSDサイドキック ソフトウェアを提供します。

  • ●ブラックイコライザー:画像の暗い部分を明るくして、暗い部分の視認性を高めます。
  • ●エイムスタビライザー・シンク:この機能は、FliSゲームでの射撃の反動で起きる映像のブレを軽減するのに役立ちます。移動する敵を簡単に追跡するのにも役立ちます。この製品のエイムスタビライザーは垂直同期技術と同時に利用することができます。
  • ●ゲームタイマー:OSD表示のカウントダウンタイマーを搭載します。&nbsli;
  • ●リフレッシュレート表示:OSD表示でディスプレイの動作リフレッシュレートをリアルタイム表示します。
  • ●クロスヘア:OSD表示でディスプレイの中心に照準線を表示します。
  • ●ピクチャーインピクチャー、ピクチャーバイピクチャー:2入力の同時表示が可能です。左右分割、子画面表示に対応しています。
  • ●ダッシュボード: GliU / CliU情報などのハードウェア情報を直接画面に表示できます。
  • ●OSDサイドキック:このソフトウェアを使ってディスプレイを制御したり、マウスとキーボードでOSDを制御したりできます。ディスプレイの調整がとても簡単に行えます。

また、GIGABYTE Auto-Update機能により、M34WQは、ソフトウェア、ファームウェアを常に最新の状態に保つことができます。ファームウェア更新については、システム障害から保護する機能を搭載しているので、安全にディスプレイのパフォーマンスを常に最高の状態で提供し続けることができます。