特長
GeForce RTX™ 2060搭載
12GB GDDR6 192-bitメモリインターフェイス
オルタネートスピニングファンを搭載するWINDFORCE 2Xクーリングシステム
独自形状の100mmブレードファン
保護バックプレート


コアクロック
1680 MHz(リファレンス:1650 MHz)

WINDFORCE 2Xクーリングシステム

WINDFORCE 2Xクーリングシステムは100mmの独自形状のファン2基、オルタネートスピニング、2本の銅製コンポジットヒートパイプ、ヒートパイプダイレクトタッチと3Dアクティブファン機能を備え、これらが合わさることで効果的な放熱能力を提供します。

オルタネートスピニング

GIGABYTEの「オルタネートスピニング」は、隣接するファンにより発生する乱気流を解決できるただ一つの方法です。 隣接するファンが同じ方向に回ると、ファンの間の空気の流れが反対になり、乱気流が発生して、放熱効率が低下します。 GIGABYTEは隣接するファンを互い違いに回しました。2つのファンの間の空気の流れる方向が一緒になり、乱気流を減らし、空気の圧力も高まります。

オルタネートスピニング

スムースな気流 : より優れた放熱性能

一般的な回転

乱気流 : 悪い放熱性能

独自形状のブレードファン

エアフローは三角形状の羽のエッジにより分けられ、羽の表面にある3Dストライプカーブによりスムーズに誘導されます。これらにより効果的にエアフローが向上します。

3Dアクティブファン

3Dアクティブファンはセミパッシブ冷却を提供します。GPUパワーを必要としないゲームをする時にはファンは止まったままです。システムの負荷が低い時やアイドル状態の時には、全くの無音でゲームを楽しむことができます。

ヒートパイプダイレクトタッチ

純銅製ヒートパイプは熱の伝達を高めるために、GPUに直接接触する部分が最大となるように形成されています。また、ヒートパイプは、適切な冷却を確保するために、VRAMを覆う大きな金属プレートとも接触しています。

コンポジットヒートパイプ

コンポジットヒートパイプは、冷却能力を高める二種類の個体界面間の熱転送を効率よく処理するために、熱伝導性と相転移を兼ね備えています。

強い造り

究極の安定性

このグラフィックカードは、MOSFETを低温で動作させ、過熱保護設計と各MOSFETの負荷分散を可能にする、優れた電源フェーズデザインを採用しており、さらにUltra Durable認定のチョークコイルとコンデンサーを使用して、優れた性能とより長いシステム寿命を提供します。

保護バックプレート

バックプレートは見た目の美しさだけでなく、グラフィックカードの構造を強化して、完璧な保護を提供します。

すべての命令をここから

製品によりソフトウェアのインターフェイス、機能は異なります。

AORUS Engine

最先端の直感的なインターフェースにより、ゲームの要件に応じてクロック速度、電圧、ファンパフォーマンス、およびパワーターゲットをリアルタイムで調整できます。

*このページのすべての画像はイメージです。

* 実際の製品規格及び外観デザインは、販売国・エリアにより異なります。現地代理店もしくは小売店にて最新の販売製品規格をご確認下さい。
* 製品画像カラーは、撮影上光の加減やディスプレイ設定により実際のイメージと若干異なる場合があります。予め御了承下さい。
* 当社ホームページ上にて正確な最新情報をご確認下さい。当社はホームページ上の情報の変更や改訂を予告なく実施する権利を有します。
* GIGABYTE graphics cards, except those labeled “Mining Series”, are intended only for use with desktop PCs. Other types of use, such as blockchain computing or cryptocurrency mining, will render the product warranty void.