X
比較する
すべて削除
最大5個のモデルが選択されています
閉じる
 
  1. 第3世代Intel® 22nm CPUおよび、次世代Intel® Core™ CPU(LGA1155ソケット)をサポート
  2. GIGABYTE 3Dデジタルパワーを備えたデジタルパワーエンジンを搭載
  3. GIGABYTE 3D BIOS (Dual UEFI)を搭載
  4. Killer™ ゲームネットワーキングとIntel®LANのデュアルギガビットLANを搭載
  5. Creative Sound Core3D™対応クアッドコアオーディオプロセッサーを搭載
  6. フロントオーディオ用ヘッドフォンアンプ内蔵
  7. ニチコン製オーディオコンデンサ仕様により現実に近い音声を出力できます
  8. mSATA用SSDを搭載可能なmSATAスロットをオンボード
  9. PCI Express Gen3.0をサポート
  10. 4-way SLI™および4-way CrossFireX™マルチGPUをサポート
  11. Lucid Virtu™ Universal® MVP機能をサポート
  12. HDMI, DVI, RGBおよびDisplay Portを搭載
  13. 便利なOCボタンをオンボード
  14. 5つのスマート・ファン・コネクターを搭載し、十分にシステムを冷却が可能
  15. GIGABYTE Ultra Durable™ 4仕様で長寿命設計
  16. GIGABYTE 333™オンボードアクセラレーション(USB3.0, SATA3.0 & 3倍USB給電)
  17. GIGABYTE オン/オフチャージ対応USBコネクタを搭載
  • GIGABYTE G1.Sniper3 ゲーミングマザーボード
    G1.Sniper3は、これまで3Dゲーミングコンテストの中で最先端とされてきたGIGABYTE G1-Killerシリーズ・ゲーミングマザーボードの最新モデルです。マザーボード全体が斬新でクオリティの高いデザインを採用し、あらゆる性能と品質にこだわったマザーボードです。

    G1.Sniper3マザーボードは、最新のIntel Z77 Expressチップセットを搭載し、新しい第3世代のIntel® Core™プロセッサーの優れた性能をサポートし、マザーボード全体が斬新でクオリティの高いデザインを採用。また、「オールデジタル」VRM設計とGIGABYTE 3D Powerおよび3D BIOS(Dual UEFI)機能により、卓越した電力供給とシステムの安定動作をご提供します。
  • GIGABYTE オールデジタルパワーエンジン

    GIGABYTE Z77シリーズマザーボードは、第3世代Intel® Core™ プロセッサーに安定的かつ最大の電源を供給する「オールデジタルエンジン」設計を採用しています。マザーボードで最も電源を必要とするCPU周りに、全デジタル化されたPWMが正確に電源を届け、制御することを可能にしました。


    GIGABYTE 3D Power: デジタルボルテージ、フェーズコントロールおよび周波数コントロール

    CPU、グラフィックス、VTTおよびメモリ部分など、マザーボードで最も重要な役割を果たす部分への電源供給のデジタル化を実現。レスポンス時間を左右するメモリのVDroopを修正するためのロードライン・キャリブレーションの調整や、メモリの過電圧保護(OVP:Over Voltage Protection)、動作中のメモリPWM周波数調整などを可能にし、7シリーズマザーボードへの正確な電源コントロールができます。
  • GIGABYTE 3D POWERユーティリティ

    CPUとメモリへの電源供給コントロールを容易にするため、インタラクティブな3Dユーティリティで電圧、フェーズ、周波数の3つの部分を調整可能にしました。デジタルPWMを通したマザーボード主要部分への給電において重要なこの3つの部分を効率よく管理することで、安定したオーバークロックを実現し、すばやく最高値へと導きます。
       
    3D POWER: 電圧コントロール
    CPUのロードライン・キャリブレーションなどの電圧パラメーターを調節できる項目です。ロードライン・キャリブレーションを調節することで、Vdroopingを回避し、電流の増減にかかわらず最適な電圧レベルを保つことができます。また、過電圧保護(OVP:Over Voltage Protection)の調節も可能でCPU、メモリコントローラー、VTTおよびシステムメモリのデフォルトの値からの調節が可能となります。
       
    3D POWER: フェーズコントロール
    CPU、内蔵メモリの過電流保護(OCP:Over Voltage Protection)やシステムメモリ電源レベルを調節する項目です。必要に応じてシステムに更に多くの給電を促すことができます。
       
    3D POWER: 周波数コントロール
    GIGABYTEのデジタルPWMはInternational Rectifier社のPWMコントローラー採用しており、周波数のコントロール調整が可能です。この項目でPWMコントローラー周波数を変更することで、CPU VRMの電源供給速度の調整ができます。また、PWMスペクトラムの調整や、全般的な周波数の最大値から最小値への変更設定ができます。
  • GIGABYTE 3D BIOS (特許申請中)

    GIGABYTE 3D BIOSはGIGABYTE UEFI DualBIOS™技術に準拠し、BIOS環境においてかつてない2種類の異なるモードでの操作が可能となった革新的なアプリケーションです。GIGABYTEは従来のBIOS操作の常識を覆し、メインストリームからエンスージアストまでのユーザーにユニークかつ高性能なグラフィカル・インターフェースを提供します。

    Dual UEFI BIOS™技術
    3D BIOS技術は2つのBIOS ROMで、GIGABYTE独自設計のUEFI BIOS技術が搭載されています。Dual UEFI BIOS™は32ビットカラー画面に対応し、流れるように使いやすいマウス操作を実現したグラフィカル・インターフェースで、初心者から上級者までのユーザーがBIOS設定を楽しむことができます。また、UEFI BIOSは64ビットOS上で大容量ハードドライブからの起動をネイティブサポートしています。

    3Dモード
    GIGABYTE独自の3Dモードは、BIOS設定により変更を施した部分が、インタラクティブなGUI画面上で明確にわかるようにデザインされています。初心者やメインストリームユーザーが分かりやすいようなスムーズかつユーザーフレンドリーなBIOS環境を提供することで、BIOSの機能性を理解し、操作に慣れていただくことができます。

    アドバンス・モード
    アドバンス・モードは、更に広範囲な設定が可能なモードで、システムのハードウェアを最大限に制御したいオーバークロッカーやパワーユーザー向けのUEFI環境を提供します。中でも重要なパラメーターとして、GIGABYTEの特徴的なM.I.T.チューニング技術はデジタル3Dパワーの各種微調整を可能にします。アドバンス・モードは、ハイエンドユーザーが必要とするGIGABYTE UEFIの高度な専門知識をわかりやすく集約したグラフィカルなUEFIインターフェースです。
  • Super Sight



    4-way CrossFireX™および4-way SLI™機能をサポート
    GIGABYTE G1.Sniper3マザーボードは複数のGPUをサポートし、最高のフレームレートを実現。それによりゲーマーはより明確に索敵でき、素早い照準が可能で、迅速に行動することができます。
  • Super Hearing



    Creative Sound Core3D™ クアッドコアオーディオプロセッサをオンボード
    Core 3Dに統合されたオーディオ技術「THX TruStudio Pro」によって、ステレオスピーカーやヘッドフォンで臨場感のあるサラウンドを体感する事ができます。また、ハードウェア演算処理されるボイスコミュニケーション支援技術「CrystalVoice」や、ゲーム内での「足音」などをハイライトすることでリアルにゲームの世界を味わえます。

    フロント・オーディオ・ヘッドフォンアンプを内蔵
    大容量アンプを使用。ゲーマーは高品質のプロ用ヘッドフォンを使用すると、細部がより鮮明で歪みの少ない状態で、より広い音域のダイナミック・サウンドを楽しむことができます。



    ニチコン製ハイエンドオーディオコンデンサ
    GIGABYTE G1.Sniper3マザーボードは、最高品質のニチコン製MUSE ESシリーズおよびMWシリーズの無極性(両極性)オーディオコンデンサは最高品質なサウンドを堪能できます。

  • Super Speed



    デュアルLANとQualcomm Atheros Killer™ E2200ゲームネットワーキングプラットフォームを搭載
    GIGABYTE G1.Sniper3は、Intel®ギガビットLANとQualcomm Atheros E2200ゲームネットワーキングプラットフォームの両方のメーカーを採用した唯一のマザーボードです。

    GIGABYTE 333オンボードアクセラレーション
    GIGABYTE 7シリーズマザーボードは、SuperSpeed USB 3.0、SATA 3.0 (6Gbps)、USBデバイスを高速で充電できる『3倍USB電源技術』を含む、データ転送を高速化する3つの最新技術『GIGABYTE 333オンボード・アクセラレーション』に対応しています。

    フロントアクセス・コントロールパネル

    便利なフロントアクセス·コントロールパネルは、2つのUSB3.0ポートを搭載しており、超高速かつ信頼性の高いデータ転送性能を提供します。
  • Super Shield



    戦闘準備万端なヒートパイプ・デザイン

    GIGABYTE G1.Sniper3は、マザーボードにとって重要なCPU VRM周りの熱を効率的に放散して、即座に消散させることにより、戦闘が過熱しているときでも、冷却状態を維持します。

    5つのスマートファンコネクタを搭載
    放熱性能をさらに向上するため、5個のスマート・ファン・ピン・ヘッダが戦略的に配置されています。これによって、システムおよびCPUファンのさらに正確なコントロールが可能になります。スマート・ファンには個別の専用熱センサーが付いており、GIGABYTEのEasyTune™ 6ユーティリティおよびBIOSを介して簡単にコントロールできます。
  • 第3世代Intel® Core™ プロセッサー
    22nmプロセス設計が採用された先進的な第3世代Intel® Core™ プロセッサーは、グラフィックス性能が最適化され、さらに高いパフォーマンスを引き出すプロセッサープラットフォームです。第3世代Intel® Core™ プロセッサーはLGA 1155ソケットに対応し、最大4コアの64ビットプロセッサーコアおよび最大8MBのL3キャッシュを搭載。また、自動でクロック速度をブーストしたり、全体的なパフォーマンスを向上させることができます。
  • Intel® Rapid Start Technology
    Intel®ラピッドスタートテクノロジー™は、長時間のスリープ状態からでも、PCを瞬時に起動させることのできる技術です。PCシステムを完全に起動させなくても、Windows® 7を数秒で再起動させることが可能です。また、スリープ前と完全に同じ状態に戻すことができるので、データが消えたりする心配はありません。
  • Intel® スマートコネクトテクノロジー
    システムがスリープモードでも、E-Mail、アプリ、ソーシャルネットワークなどが継続的に自動でアップデートされます。ONボタンを押すだけで、最新のニュースや友達のアップデートをすぐにチェックすることができます。
  • OC機能をオンボード

    OC機能をオンボード
    最新のIntel® Z77プロセッサープラットフォームは、以前のプラットフォームより、さらに進歩した技術を搭載しており、今日のPC市場で最も先進的といえるプラットフォームです。

    オンボードパワーおよび、リセットボタンデバッグLEDディプレイを基板にオンボードしており、ハードウェアメンテナンス時に作業が容易に行うことができます。

    CPUとメモリに対して高負荷な動作でも耐えられるように、安定した電力供給を可能にしました。3wayや4way・グラフィック構成を組んだ時にPCIeへより安定的に送電するために、OC-PEGと名付けたSATA電源コネクタを搭載しました。別の電源フェーズから電力を汲み取るよう設計されているため、さらに安定したグラフィック・オーバークロックをお楽しみいただけます。

    オンボード上にBIOSスイッチャーをオンボードしており、通常使用とオーバークロック用に2つのUEFI BIOSを使い分けることができます。オーバークロック中にBIOSに障害が発生した際、通常使用のBIOSをバックアップ用BIOSとして起用することもできます。また、CMOSクリアボタンもオンボードしているのでこれまで以上に容易にBIOS設定を工場出荷状態にすることができます。

  • GIGABYTE Ultra Durable™ 4 – 超耐久性のあるマザーボードにこだわる

    Ultra Durable 4
    選りすぐりの部品・機能を採用したギガバイトUltra Durable™ 4マザーボードは、PC自作ユーザーに日常起こりうる不具合などの危機から、最高の保護力を発揮することを特徴としています。...詳細はこちら
  • Lucid Universal MVPをサポート

    GIGABYTE 7シリーズマザーボードはLucid Virtu GPU仮想化技術に対応しています。 PCのビジュアルを向上する最適化された仮想化ソフトウェアで、なめらかで精美なPC画面の描写を実現します。また、レスポンスもさらに高速化され、エンコーディングなどのコンテンツ処理をスムーズかつ低消費電力で行うことができます。
    Lucid Universal MVPに採用されたHyperFormance機能は、冗長なレンダリング処理時間を短縮させ、グラフィックスパイプラインに起こりうるシンクロ機能の不具合を予測。高速なフレームレート、シャープな視覚効果、テアリングの減少を可能にしました。

    コストをかけずにグラフィックス機能をアップグレード

    テスト環境: 第3世代Intel Core processor 3.2G/GA-Z77X-UD3H/DDR3 1333/Win7 64Bit. 価格については、あくまでも参考です。価格については、地域によって異なります。
     

    切り替え可能なグラフィックス機能

    必要に応じて内蔵グラフィックスとハイエンドの3Dグラフィックスカードを切り替えることができます。
  • GIGABYTE EZ Smart Response


    Intel®スマートレスポンステクノロジーを有効にするにはBIOSでRAIDモードに設定してからOSのセットアップをする必要があり、その後ユーティリティをインストールして手動で設定を行うなど、時間がかかり非常に複雑でした。「EZスマートレスポンス」があれば、複雑な手動設定をしなくても、ワンステップで設定を行うことができます。

  • GIGABYTE EZセットアップ

    GIGABYTE 7シリーズマザーボードに搭載されたIntel®技術を活かしてPCを高速化していただくため、EZセットアップユーティリティをご活用ください。EZセットアップユーティリティは、3つのIntel®技術の簡単インストールを可能にしたアプリケーションです。


    * EZセットアップユーティリティーのダウンロードについてはこちら
  • mSATA対応コネクタをオンボード
    GIGABYTE 7シリーズのATXマザーボードは、mSATAスロットをオンボードで搭載しており、Intel® スマートレスポンスやIntel® ラピッドスタート等の、さらに進歩したSSDベースの技術を有効に活用することができます。低価格で低容量のmSATAモジュールSSDをマザーボードに載せるだけで、PCのレスポンスや起動の高速化など、全体のパフォーマンスを引き立てることができます。


    ダウンロード:Intel Smart Responseの動作確認済みSSDメーカーリスト
  • Bluetooth 4.0/WiFi対応の拡張カードを同梱

    GIGABYTE 7シリーズのハイエンドモデルには、最新のBluetooth 4.0およびIEEE 802.11 b/g/n Wi-Fi接続に対応した専用のPCIe拡張カードが付属します。Apple® iPhone® 4Sも対応するBluetooth 4.0はSmart Ready技術に準拠し、最新のモバイルデバイスとのデュアルモードでの通信が可能。お気に入りのコンテンツをスマートフォンやタブレット端末に簡単かつ高速に転送することができます。
  • GIGABYTE On/Offチャージ
    GIGABYTE On/Offチャージ技術は、ON、スタンバイモード、OFFなどPCの状態にかかわらず、iPhoneなどのモバイルデバイスのUSB充電を可能にします。さらに、高い評価を受けているGIGABYTE独自技術「USB 3倍電源」に対応しているため、通常のUSBポートよりも約3倍高速にモバイルデバイスを充電することができます。

    * ON/OFFチャージUSBポートからの高速充電を有効にするには、携帯電話の機種によっては、PCがS4/S5に入る前に携帯電話をポートに接続する必要があります。
    充電時間はモデルによって異なります。
  • 強化されたビジュアル機能を搭載
    第3世代Intel® Coreプロセッサー(Ivy Bridge)は、優れたグラフィックス性能とマルチメディア機能を備わっています。複数のデジタルディスプレイのネイティブサポートに加えて、DirectX11の対応と、Intel® Quick Sync Video 2.0と Intel® HD Graphics 4000/2500機能により、今までにない3DゲームやHD動画を楽しむ事ができます。
  • Intel® Quick Sync 2.0
    高速なメディアエンコード性能
    ビデオ動画の作成や編集し、様々なデバイスやインターネット上で共有することが可能。あなたの貴重な時間を節約できます。プロセッサーにハードウェアエンコード機能を搭載したインテル・クイック・シンク・ビデオ機能は、ビデオエンコード時間を大幅に短縮するこができます。
  • DirectX 11をサポート
    優れた映像を実現
    マイクロソフトのDirectX 11は、最新のPCゲームの多くに含まれるすばらしい3Dビジュアルや臨場感溢れるサウンド効果を陰で支えています。 この機能は、より効率的に、現在のマルチコア プロセッサの性能を活用し、すばらしい陰影やモザイク加工などのテクスチャ技術をサポートするために作られました。その結果、3D アニメーションの動きはより滑らかに、グラフィックはかつてないほど生き生きと繊細なものになりました。
  • 12パワーフェーズ設計
    GIGABYTEの12パワーフェーズVRM設計は、電力供給部分に最高品質のコンポーネントを採用することにより、CPUにより多くの電力を供給することを可能にしました。さらに12パワーフェーズ間で負荷を分散させることによりVRMの熱を効果的に冷却し、より安定動作を実現することができます。
  • G1-Killer™ CPU-Z
    新しくなったG1-Killer™をテーマにした「CPU-Z」のハードウェア情報を検出するアプリケーションソフトと一体化したGIGABYTE G1-Killer™のユーザーインターフェースに包まれたシステム詳細情報をご提供致します。ダウンロードはこちら



  • HDMI™ - 次世代マルチメディア・インターフェース
    HDMIは最新のハイデフィニション(HD)マルチメディアインターフェイスで、シングルケーブルで最大5Gb/sのビデオデータを転送することができ、8チャンネルの高品質なオーディオを再生します。HDMIはアナログインターフェースに関連したロスを生じさせることなく、最大1080pまでデジタルコンテンツのレンダリングを支援し、デジタルからアナログへの変換を行います。さらにHD DVD, Blu-ray再生機能などスムーズな映像表現を提供します。
    * HDMI 1.3はビデオのみの仕様です。
* ここに記載されている全ての資料は参考用です。 GIGABYTEは、予告なしに変更する場合があります。
* パフォーマンスについては、インターフェイス仕様の理論上の最大値に基づいています。 実際のパフォーマンスは、システム構成によって異なる場合があります。
* 記載されている会社名、商品名、およびロゴは各社の商標または登録商標です。
* メモリー容量は、システムリソースに予約され実際の搭載メモリーより少なくなる場合があります。