X
比較する
すべて削除
最大5個のモデルが選択されています
閉じる
 
お問い合わせ
製品についてご質問がありますか?
お問い合わせください Technical Support さらなる支援のために。
  • ダウンロード
  • CPUサポートリスト
  • マニュアルの
  • FAQ
ダウンロード
CPUサポートリスト
サポートリスト
マニュアルの
FAQ
アジア、中国、北米、ヨーロッパ、ロシア - 近いサーバーからダウンロードしてください。
PDFファイルはAcrobat Readerで表示する必要があります。
ダウンロード
ドライバー OS:
All
    • Chipset
      Chipset
      バージョン
      サイズ
      日付
      ダウンロード先
      VIA 4in1

      OS: Windows XP 32bit,Windows NT,Windows Me,Windows 98se,Windows 98,Windows 95,Windows 2000
      [4.43]
      1.12 MB
      2001/10/25
  • BIOS(+3)
    • バージョン
      サイズ
      日付
      ダウンロード先
      詳細
      F7e (Beta)
      0.45 MB
      2002/01/21
      1. The computer will show wrong clock frequency when you use Celeron 1.3GHz CPU
      F6
      0.45 MB
      2001/11/15
      1. New BIOS setup item: “BIOS FEATURES SETUP”->”Interrupt Mode” and defaults to be “PIC Mode”
      2. New BIOS setup item: “INTEGRAED PHERIPHERALS”->”IDEx Conductor Cable” (to override BIOS IDE cable detection)
      3. New BIOS setup item: “CHIPSET FEATURES SETUP”->“DRAM Drive Strength”
      4. Fixed : Tualatin Celeron 1.2G is shown as XEON
      5. WARNING: The default value of “Interrupt Mode” of this BIOS is “PIC Mode” which is different from what in the previous version. User maybe needs to reinstall the operating system if it happens to be APIC/SMP-aware OS (such as NT4, Windows2000, WindowsXP or some up-to-date Linux distributions), Or else she/he has to change this setup item to be “APIC Mode” manually in order to boot into previously installed OS.
      F5
      0.45 MB
      2001/11/08
      1. New BIOS setup item: “BIOS FEATURES SETUP”->”Interrupt Mode” and defaults to be “PIC Mode”
      2. New BIOS setup item: “INTEGRAED PHERIPHERALS”->”IDEx Conductor Cable” (to override BIOS IDE cable detection)
      3. New BIOS setup item: “CHIPSET FEATURES SETUP”->“DRAM Drive Strength”
      4. Fix: Tualatin Celeron 1.2G is shown as XEON
      5. WARNING: The default value of “Interrupt Mode” of this BIOS is “PIC Mode” which is different from what in the previous version. User maybe needs to reinstall the operating system if it happens to be APIC/SMP-aware OS (such as NT4, Windows2000, WindowsXP or some up-to-date Linux distributions), Or else she/he has to change this setup item to be “APIC Mode” manually in order to boot into previously installed OS.
  • マニュアルの
  • マニュアルの(+4)
    • 言語
      バージョン
      サイズ
      日付
      ダウンロード先
      詳細
      アラビア語, 英語, インドネシア語, 日本語, 韓国語, 中国語
      簡体字, タイ語, 中国語
      繁体字, ベトナム語
      12.15 MB
      2012/08/05
      Installation Guidebook
      チェク語, フランス語, ドイツ語, ギリシア語, ハンガリー語, イタリア語, ポーランド語, ポルトガル語, ロシア語, スペイン語, トルコ語
      18.60 MB
      2012/08/05
      Installation Guidebook
      英語
      1202
      1.96 MB
      2002/07/30
      中国語
      繁体字
      1202
      3.68 MB
      2002/07/30
CPUサポートリスト