X
比較する
すべて削除
最大5個のモデルが選択されています
閉じる
 
  • 第4世代Intel® Core™プロセッサーをサポート
  • Ultra Durable™ 5 Plus設計
  • オールIR社製デジタル電源設計
  • DualUEFIを搭載
  • OC専用機能搭載
  • セーフメモリ/セッティングロック/ダイレクトBIOS設定
  • OC Ignition機能
  • OC ブレース機能
  • 金メッキを採用したDDR/PCIeスロットと電源コネクター
  • 4-way CrossFire™機能をサポート
  • ブラックコンデンサを採用した超耐久設計
  • On/Off Charge™ 2対応によりシャットダウン後でもUSB機器の充電が可能
  • Intel® LAN搭載した静電気放電(ESD)保護設計
  • 新しいヒートシンクデザインと8つのファンコネクターをオンボード
  • USB 3.0 10ポート搭載
  • GIGABYTE 8シリーズオーバークロッキングマザーボード: ハードウェア性能を極限まで引き出す


    GIGABYTE 8シリーズ オーバークロッキングマザーボードである「Z87X-OC」と「Z87X-OC Force」は、オーバークロッカーによる究極のパフォーマンス追及を可能にし、オーバークロックを最大限楽しむための多数の独自機能を搭載しています。
  • GIGABYTE Z87X-OC
    オーバークロックの記録を樹立するために設計されたGIGABYTE 「Z87X-OC」は、今までの製品にはないオーバークロックに関する機能を多数搭載しています。技術的可能性の最先端にある「Z87X-OC」は、LN2を使うプロのオーバークロッカーやパワーユーザーによって、これまでの性能の限界を超え、更に先へ進むことが出来るマザーボードです。
  • OC イグニッション(特許申請中)
    オーバークロッカーはこのような経験があるかもしれませんが、システムをシャットダウンをしようとしますが、ハードウェア、システムのファンなどのデバイスの電源を消したくないと。そのような場合に、OC イグニッションが解決案をご提供できます。
    「OCイグニッション」を押すと、CPUに電力を供給する事なく、マザーボードに接続されているドライブやシステム・ファンに電力を供給します。これはコールドバグで起動可能な温度にCPUを加熱する必要がある場合に、システム・ファンの稼働維持や、SATA電源の維持によりドライブへの損傷や、i-RAM等のデータ損失を防ぎます。

    i-ramドライブをお使いいただいているオーバークロッカーはデータ損失のリスクの削減のため、SATA電源を維持したいという要望があります。

    また、OCイグニッションはSATA電源を維持させることで、ドライブへの損傷を防ぎます。それと同時に、OCイグニッションは予め水冷システムの状況を確認することを可能にし、PCをPOSTさせずにケースのメンテナンスが行えます。

    OC イグニッション: 機能概要
    • CPUに電力を供給する事なく、マザーボードに接続されているドライブやシステム・ファンに電力を供給します。
    • ファンを作動させ、LN2でのオーバークロック時の水没を軽減します。
    • マザーボードに接続されているドライブやシステム・ファンへの電力供給を維持します。
    • 予め水冷システムの状況を確認することが可能です。
    • PCをシャットダウンのままでケースのメンテナンスが行えます。
  • OC Touch
    「OC Touch」は、GIGABYTEのOCシリーズのみに搭載される、多くの機能を持つ使いやすいスイッチ類です。
  • OC PCIeスイッチ
    オーバークロッカーは手動で各PCIeレーンのオン/オフの設定が可能です、このスイッチを使えば実際にグラフィックスカードを取り外さず、該当スロットを無効に出来ます。これはLN2や水冷システムにおけるグラフィイクスカードのオーバークロックをするユーザーに便利な機能です。
  • OC PEG
    OC Pegは、マルチグラフィックス構成を組んだ時にPCIeに対してより安定的な電力の供給を行います。特に4-way CrossFire™ 構成時に便利な機能です。
  • OCブレース
    「OCブレース」を使うと、PCIeスロットとの接触不良が原因でOSの画面表示がされないといった事の防止や、オープンケースやベンチ台での運用においてPCIeスロットの破損を防ぎ、安心して4枚のグラフィックスカードを装着する事が出来ます。
    また、「OCブレース」は長時間にわたりLN2用のポットを取りつけたフルサイズのグラフィックスカードによるマルチグラフィックス環境をしっかり固定する必要がある場面で、本当に役に立つシンプルかつエレガントな方法です。
  • OCコネクト
    「OCコネクト」は基板をベンチ台などで使用する事を考慮し、背面I/O部の反対側にも2つのUSB ポートを搭載しています。USBメモリーへのアクセス性が向上し、記録の保存や、BIOS ROMの読み込み、各種ソフトウェアのインストールの際に便利です。
  • cFosSpeed 付属
    GIGABYTEマザーボードは、アプリケーションやユーティリティを常駐している場合、帯域幅が確保できずオンラインゲームの反応の延滞を最適化することができる「cFos Speed」を付属しています。 また、ネットワークモニタ機能により、リアルタイムでネットワークの使用状況や帯域を占有するアプリケーションをチェックすることも可能です。
  • 究極のマルチグラフィックス機能対応
    GIGABYTE Z87X-OC
    Premium Graphics Support - Z87X-OC:
    GIGABYTE 「Z87X-OC」は、Intel® Z87 PCHから直接レーンを利用する構成でPremium 4-way Crossfire™構成をサポートします。
  • GIGABYTE OPTファンをサポート
    今日まで多くのサードパーティから水冷クーラーが発売されており、クーリングファンとポンプの両方にCPUファン電源が必要とされています。GIGABYTEの8シリーズではオプションファンをサポートしており、常時フル稼働可能なCPUファン用の追加電源コネクタを用意しており、水冷のポンプを接続して使用する事が可能です。このオプションファン用電源コネクタはポンプだけでなく、ハイエンドなシステム向けの2つのファンを持つハイパフォーマンスCPUクーラー用にも使えます。
  • 超耐久ブラックコンデンサー(漆黒の長寿命固体コンデンサー)
    超耐久ブラックコンデンサー
    GIGABYTE 8シリーズ・マザーボードは過酷な環境下の長期間稼働であっても、高効率で運用できるように、今までにない最高品質の固体コンデンサーを採用*しました。エンドユーザーのシステムに対する信頼性・安定性と、より高いパフォーマンスの追及に対して、GIGABYTEは8シリーズ・マザーボードに独占的に搭載する、CPU高負荷時でも超低ESRなカスタマイズされた黒いコンデンサーでお応えします。
    "105°Cの温度環境で10,000時間稼働可能な今までにない耐久性を実現" – 日本ケミコン
    * 実際のコンポーネントと機能については、モデルによって異なる場合があります。
  • 金メッキ ソリッド電源コネクター


    GIGABYTE 8 シリーズOCマザーボードは、通常のコネクターよりも堅牢なCPU用電源コネクターと24ピンATX電源コネクターを搭載しています。これらのコネクターは通常のコネクターに比べ、優れた伝導性と信号伝達が可能で、金メッキは金属腐食にも 強く、優れた信頼性と安定性を実現します。
  • 金メッキ仕様のCPUソケット, DDRメモリスロットおよびPCI Expressスロット
    GIGABYTE 8シリーズOCマザーボードは、CPUソケットにおける錆や接触不良などのリスクを低減させ、システムをより長くお使いいただけるように15µ金メッキCPUソケットを採用しました。また、金メッキのDDR3スロットと PCIeスロットも採用しており、メモリーとグラフィックスカードのマザーボードへの取り付け回数が多い場合であっても、信頼性と寿命の向上により安心してお使いいただけます。
  • 4K 超高解像度出力のサポート
    GIGABYTE 8シリーズマザーボードは、CPUに統合されたIntel® HDグラフィクス機能によりHDMIやDisplayPortからの接続で4K超高解像度出力をサポートいたします。4K超高解像度出力は標準的なHD画質クラスの4倍となる水平解像度約4,000ピクセルを誇る高解像度コンテンツの再生や投影を担う次世代の新技術です。
  • 新しいGIGABYTE UEFI DualBIOS™ ダッシュボード モード
    新たなGIGABYTE UEFI DualBIOS™は、カスタマイズ性が高く、自分好みのインターフェースが選べ、リアルタイムにオーバークロックとパフォーマンス設定ができます。

    ダッシュボード モード: スムーズにマウスを使え、素早い操作のためのショートカットにより、CPU、グラフィックス、メモリークロックなど、お使いのマザーボードに関する情報にアクセスしやすくなりました。

    自由にカスタマイズが可能なUI: 最も頻繁に使用するメニューとオプションを追加して、独自のカスタムホームページを作成することができます。さらに、壁紙画像を追加することでユーザー独自の自分だけの最適化されたインターフェイスを作成することができます。

    自分だけの設定画面を選択可能: オリジナルの設定画面を起動時に呼び出すことができるので、メモリタイミングのチューニングなど、よく使う項目を呼び出す手間を省くことができます。

    リアルタイムオーバークロック: UEFI設定画面でCPUクロック、電圧設定や周波数などリアルタイムで調整することができます。これは、システムを再起動させることなく最適な設定内容を確認できる今までにない機能です。
  • 新しい GIGABYTE EasyTune
    生まれ変わったGIGABYTEのEasyTuneはシンプルな使いやすいインターフェースで、Windows 環境でシステム設定の微調整やオーバークロック、電圧設定などが行えます。新たなEasyTuneインターフェースにはCPUとメモリ情報のタブ付きページも含まれ、ユーザーは追加ソフトウェアをインストールする必要なしに、システム関連の情報を確認可能です。
* ここに記載されている全ての資料は参考用です。 GIGABYTEは、予告なしに変更する場合があります。
* パフォーマンスについては、インターフェイス仕様の理論上の最大値に基づいています。 実際のパフォーマンスは、システム構成によって異なる場合があります。
* 記載されている会社名、商品名、およびロゴは各社の商標または登録商標です。
* メモリー容量は、システムリソースに予約され実際の搭載メモリーより少なくなる場合があります。