X
比較する
すべて削除
最大5個のモデルが選択されています
閉じる
 

  • Intel® Core™ i7 6950X プロセッサー Extreme Editionをサポート
  • Intel® Turbo Boost Max Technology3.0 をサポート
  • 最新のIntel® Core™ i7 プロセッサー Extreme Editionをサポート
  • 4チャンネル DDR4対応、8 DIMMスロット搭載
  • IR Digital PWM と IR PowIRstage® IC搭載のオール・デジタル電源回路設計
  • GIGABYTE独自のOC機能を搭載
  • Cooper Bussmann製 サーバー級POSCAP™ チョーク・コンデンサー設計
  • 温度センサー・ポート搭載
  • 6x(30µ) 金メッキ処理された CPUソケット, メモリスロットとPCIeスロット
  • 4-way SLI™ と CrossFire™ 機能をサポートしOC ブレース
  • Turbo M.2 コネクタを搭載 最大20 Gb/sのデータ転送が可能
  • 10 Gb/s データ転送可能なSATA Expressサポート
  • Intel ゲーミング・ネットワーク
  • 2オンスの銅箔層基板設計
  • リア・オーディオアンプを搭載したRealtek ALC1150 115dB SNR HDオーディオ
  • 長寿命な超耐久ブラックコンデンサ設計
  • EasyTune™ やCloud Station™ ユーティリティーを含むGIGABYTE App Center
  • Thunderbolt™ Ready
  • GIGABYTE UEFI DualBIOS™ とQ-Flash Plus USBポートを搭載
  • 固定用ねじ穴周辺 の安全設計
  • 正真正銘の全デジタル電源回路設計
    GIGABYTE X99 マザーボードはInternational Rectifier® による全デジタル電源回路設計を使用しています。第4世代のデジタルPWMコントローラと業界最先端の第3世代PowIRstage® コントローラです。 これらの100% デジタル・コントローラは制御が非常に高性能かつ高精度であり、最新のIntel® Core™ i7 Extreme Edition CPU の性能を最大限引き出すことができます。
       
    IR Digital PWM & IR PowIRstage® IC
    新世代IR® ディジタル電源コントローラおよびPowIRstage® IC は最新のIsense 技術を搭載しており、 CPUの負荷電流を正確に測定することができます。これにより、PowerIRstage® IC 間の負荷分散を適正化し、熱負荷を下げることができます。結果として、より長寿命で信頼性の向上につながります。
  •  
    Cooper Bussmann 製サーバー級チョークコイル
    GIGABYTE X99 シリーズ・マザーボードはCooper Bussmann製サーバー級 チョークコイルを採用。
    • サーバー級の耐久性
    • 高電流容量
    • 電力損出による熱放出を減らし、高効率の電力供給を実現
         
     
    CPU電源供給用の高性能POSCAP
    POSCAP (Polymerized Organic Semiconductor Capacitor) とは最新の高性能コンデンサであり、優れた電流特性および充放電能力を有します。POSCAPの一番優れた特徴は、どのような周波数で動作させても、低インピーダンス特性を維持することです。そのため、POSCAPは高速スイッチング電源を使用するマザーボードに最適です。
         
     
    超耐久ブラック・コンデンサ
    GIGABYTE X99 マザーボードは最高効率で1万時間の動作保障を誇る、最高品質の固体電解コンデンサを搭載しています。CPUの負荷に関わらず超低ESR特性を発揮し、日本ケミコン社より漆黒色でカスタム提供されています。
  • シングル・パッケージ
    IR社はDirectFET® 用に開発したワールド・クラスのパッケージ技術を活用し、他のMCMパッケージに比べてPowIRstage® の内部レイアウトとサーマル能力が向上しました。

    シングル・パッケージ設計* VS. マルチ・チップ設計

    他のマルチ・チップMOSFETレイアウトでは、high・low側 MOSFETおよびドライバーICが隣り合って並んでおり、マザーボード上の重要なスペースを浪費し、電力ロスにもつながります。
  • OC Ignition
    OC Ignitionは、はシステムがシャットダウンしていても、マザーボードと接続されているコンポーネントに電源を維持します。これにより、コールド・バグ状態でもシステム・ファンは動き続け、i-ramの使用時でもデータを失いません。また、PCの電源を投入せずに水冷システムのプレテストやケース電飾品のデモンストレーションが行えます。

    • コールド・バグ状態でもシステム・ファンは動き続ける
    • 水冷システムのプレテストに最適
    • PCの電源を投入せずにケース電飾品のデモンストレーションが行える。
    • i-RAMデータの維持

  • OCボタン
    GIGABYTE OCボタンは、手動でCPU倍率を上げ下げし、BCLK設定やステッピング比まで変更できます。いつでも設定を変更することができ、素早く最適なCPU周波数を発見できます。
  • 4-Way / 3-Way グラフィック (高性能 PCIe x16 により *320Gb/s 帯域に対応)
    GIGABYTE X99 マザーボードは独自のPCI Express 設計を採用しており、4-Way / 3-Way グラフィック環境ではCPUのPCIe laneを40本すべて活用いたします。通常の設計では、4つのPCIe スロットを使用するとすべてx8(64Gb/s) に帯域が制限されてしまいます。しかし、追加のクロック・ジェネレーターとダイレクト x16接続設計(スイッチレス)により、GIGABYTE X99 Ultra Durable™ マザーボードはグラフィックスカードの性能を最大限引き出すことが可能です。


  • OC Brace
    OC Braceによって、オープンケースやテストベッド状態でも4つのグラフィックス・カードを固定することができ、PCIeスロットのダメージや接触不良による誤認識を防ぐことができます。OC Braceは簡単かつ華麗にフル・サイズのグラフィックス・カードを極限マルチGPU環境に構築することができます。
  • Turbo M.2 Technology
    高速なストレージを搭載可能
    GIGABYTE X99-SOC マザーボードはTurbo M.2 ソケットを搭載しており、SSD等のデバイスを接続することが可能です。 X99チップセットのユニークな設計により、PCIe (Gen.2) lane が最大4つ、M.2 ソケットに割り振ることができます。それによって、最大20 Gb/s の帯域が得られます。Turbo M.2 は現在のmSATA やSATA Revision 3 (6Gb/s) 機器より圧倒的に速い転送速度を誇ります。
  • 新世代高速データ転送用 SATA Expressコネクタ
    GIGABYTE X99 シリーズのマザーボードはオンボードでSATA Express コネクタを搭載しており、現在のSATA 技術よりも圧倒的な高速データ転送が可能です。SATA Express は最大10Gb/s のデータ転送を誇り、SATA Revision 3 (6Gb/s)より速く、 最新のNAND フラッシュ技術を搭載したSSDのボトルネックとなりません。SATA Express はPCI-Express および SATA の利点を組み合わせて高転送帯域を提供し、PCI-Express スロット直接続のドライブ並みの性能が得られます。

  • 6x (30µ) 金メッキ処理
    GIGABYTE X99 マザーボードは30 ミクロン厚の金メッキをCPU ソケット、4つのPCIe スロット、そして 8つのDIMM スロットに施してありません。それにより、より安定した接続性、圧倒的な耐久性と信頼性が得られ、ピンや接点が錆びたりする心配がありません。
  • 固定用ねじ穴周辺 の安全設計
    ケースにマザーボードを取り付ける際のダメージをもう気にする必要がありません。GIGABYTE X99 マザーボードはすべて、ねじ穴周辺のスペースを拡張した設計を採用しています。この独自の設計により、PC組み立てる際の意図しないコンポーネント破損を防止することができます。また、より大きな銅接点により、EMI障害を低減できるという利点があり、ノイズを減らすことができます。

    * 写真については参照用です。
  • 長寿命な超耐久ブラック・コンデンサ設計
    GGIGABYTE X99 シリーズ・マザーボードは最高効率で1万時間の動作保障を誇る、最高品質の固体電解コンデンサを搭載しています。CPUの負荷に関わらず超低ESR特性を発揮し、日本ケミコン社より漆黒色でカスタム提供されています。


  • 2オンス銅箔層基板 設計 (2オンス銅箔層基板)
    GIGABYTE マザーボードに使用されている高品質コンポーネントの一部は外部から見ることができないものの、より高効率、省電力、低発熱、そして高オーバークロック耐性を維持するべく努力しています。それはGIGABYTE Ultra Durable™ の名のもとで保障されています。


  • リア・オーディオアンプを搭載したRealtek ALC1150 115dB SNR HDオーディオ
    115dB SNR HD オーディオ
    ALC1150は高性能マルチ・チャンネルのハイディフィニション・オーディオコーデックであり、SN比115dBにいたる圧倒的なオーディオ再生能力を提供し、PCから最高の音質を引き出します。
    ALC1150は7.1チャンネル同時再生に対応した10個のDACチャンネルを搭載し、追加でフロント・パネルより2チャンネルの独立ステレオ再生(複数ストリーミング)に対応しています。また、2つのADCが組み込まれており、Acoustic Echo Cancellation (AEC)、Beam Forming (BF)、そしてNoise Suppression (NS) などの技術に対応したマイクロフォン群を運用できます。さらに、ALC1150はRealtekの独自技術により再生時のSN比115dBと録音時のSN比104dBを達成しています。
  • 左右オーディオ・チャンネルのPCB 基板上独立構造
    左右オーディオ・チャンネルをPCB 基板上の別層に配置することにより、GIGABYTE X99 Ultra Durable™ シリーズのマザーボードではチャンネル間のクロストーク(混信)を減らし、音質を向上させる効果があります。
  • かっこいいヒートシンク・デザイン(LED付き)
    GIGABYTE X99 シリーズ・マザーボードはかっこいいヒートシンクのデザインを採用しています。PWM とチップセット(PCH) 周りの冷却を、妥協することなく効果的に行うように設計されています。どのような過激なシステム構成であっても、GIGABYTE X99 Ultra Durable™シリーズのマザーボードは重要なPWM 周りを適切な温度に保ちます。
  • Ambient(アンビエント) LED
    GIGABYTE X99 マザーボードは、オーディオ・ノイズガードにLED 照明を搭載しおり、クールかつカスタムな外見を演出できます。これらの照明はプログラム可能であり、音楽に合わせてリズムを刻むことや、一定のペースで点滅するように設定することができます。これにより、ゲームや映画鑑賞中にムードを演出することが可能です。



    Ambient LEDモード:


    • Still Mode – LED常時点灯
    • Beat Mode – オーディオ出力に合わせてLEDが点滅します。
    • Pulse Mode – LEDがゆっくり点滅します。
    • Off – LED常時消灯
  • GIGABYTE 特許取得済みDualBIOS™ 設計
    GIGABYTE DualBIOS™ とは、マザーボード上に Main BIOS とBackup BIOSという二つのBIOSチップがあることを意味します。これにより、 ウィルス攻撃やハードウェア故障、オーバックロック不良、アップデート時の電源喪失などによるBIOS故障から保護いたします。
  • Q-Flash Plus
    GIGABYTE Q-Flash Plus によって、CPUやメモリが取り付けられていない状態でも、USB メモリだけで最新のBIOS にアップデートできます。
    最新のCPUを所持しているのに、最新のGIGABYTE BIOS に更新していないという事態に遭遇したことはありませんか? Q-Flash Plus 機能によって、これはもう問題ではありません。最新のBIOSをダウンロードして、USB メモリに名称を変えて保存し、専用のUSBポートに差し込むだけで完了です。ボタンを押したり、メモリやCPUを取り付ける必要がありません。ITE EC 8951E コントローラーによって、GIGABYTE X99 マザーボードのBIOSはブート不能な状態でもアップデートすることができます。アップデートが完了し、ブート可能な状態になるとEC コントローラの隣にあるLED が知らせてくれます。

  • Intel® Gigabit LAN
    Intel® ギガビットLANはゲーマーに人気なNICであり、CPUの負荷を減らすための高度な割り込み処理やジャンボフレームに対応しています。
  • cFos Internet Accelerator ソフト付Intel® GbE LAN
    GIGABYTE X99 シリーズ・マザーボード機能としてcFos Speedがあります。cFos Speedはネットワークの遅延を減らし、混雑したLAN環境下にてpingタイムを下げ、反応性を向上させます。cFos SpeedはOSのドライバと同じように機能し、アプリケーションのレベルでネットワーク性能の監視を行い、特定のアプリケーションに対してネットワーク通信を優先化し、性能を向上させます。

  • Thunderbolt™ Ready
    GIGABYTE X99 シリーズのマザーボードは、GIGABYTE Thunderbolt™ 追加カードによって、究極の拡張性を秘めています。Thunderbolt™ コントローラによって、20 Gb/s の転送帯域を確保でき、過去の10 Gb/s 製品より向上しています。これにより、高性能ドライブと組み合わせて圧倒的な転送速度を得ることができます。また、デバイスを12個接続することや、トリプル・ディスプレイ出力に対応しています。
  • Intel® Core™ i7 Extreme Edition CPU(Haswell-E)
    Intel® Core™ i7 Extreme Edition プロセッサーはIntel 初の8 コア・デスクトップCPU であり、DDR4 メモリへの対応も初めてです。これらの次世代22nm CPUは圧倒的な性能とエネルギー効率を誇り、同時に40個におよぶPCIe Gen.3 laneによって高性能グラフィックスが活用できます。GIGABYTE X99 マザーボードはそのPCIe Gen.3 lane を最大限活かすことができ、合名320 Gb/s の帯域をゲームやビデオ編集などのグラフィックス重視のアプリケーションに提供できます。それに加え、Intel® Core™ i7 Extreme Edition CPUは8 コア (16 スレッド) のマルチタスク処理、高動作周波数、そして大きなキャッシュ量を誇ります。
    Aさらに、GIGABYTE X99 Ultra Durable™ シリーズのマザーボードによって、ユーザーはExtreme Edition CPU から最大限の性能を引き出すことができます。何故なら、これらのCPUは倍率が非固定であり、GIGABYTE X99 Ultra Durable™ シリーズ・マザーボードのオーバークロック機能により、その利点を最大限に活かすことができます。

    * CPU コア数および PCIe 帯域はモデルによって異なります。
  • 4チャンネル DDR4

    DRAMの次世代バージョンが登場いたしました、DDR4です。 定格周波数は2133 MHz から始まり、DDR4 はDDR3 に比べて20% エネルギー消費が少なく、2倍の密度を誇ります。DDR4 によって、GIGABYTE X99 Ultra Durable™ ユーザーはプログラムをより速くロードし、システムの反応性を高め、重い処理を一瞬で行うことができます。GIGABYTE X99 マザーボードはすべて4 チャンネルDDR4 メモリに対応しており、圧倒的に速いメモリアクセスを体験できます。
  • EasyTune™ やCloud Station™ ユーティリティーを含むGIGABYTE App Center
    GIGABYTE APP Center
    GIGABYTE APP Center により、GIGABYTEマザーボードの性能を最大限引き出すために便利な数々のGIGABYTEアプリに簡単にアクセスできます。シンプルかつ統一されたインターフェースより、すべてのGIGABYTEアプリを起動することができます。


    外観をカスタマイズ可能。
  • EasyTune™
    GIGABYTE EasyTune™ アプリでは、Windows環境より簡単にシステムやオーバークロック設定を調整することができます。
    • Windows 環境にてシステムやメモリの周波数、電圧を調整。
    • システム環境の詳細を表示可能。

    無料でシステム性能をブーストしよう!
    GIGABYTEオーバークロック機能を使用して簡単にPC性能を引き出そう。

     
    Smart Quick Boost
    Smart Quick Boost は数段階のCPU周波数設定により、 ユーザが望む最適なシステム性能を提供します。
    Advanced CPU OC
    Advanced CPU OC により、ユーザは任意にCPUベースクロック、周波数、電圧、そして内蔵グラフィックス周波数を調整できます。
         
     
    Advanced DDR OC
    Advanced DDR OC によってメモリクロックを調整できます。(XMP対応)
    3D Power
    3D Power によって電源フェーズ、電圧、そして周波数設定を調整できます。

  • Cloud Station™ Server
    GIGABYTE Cloud Station™ には GIGABYTE の独自アプリがいくつか組み込まれており、スマートフォンやタブレットを使用して遠隔でPCを調整したり、データを同期したりできます。


       
    HomeCloud
    HomeCloudによってユーザはスマートフォンやタブレットなどとファイルを共有したり、ファイルをバックアップしたりできます。
    HotSpot
    HotSpotは貴方のPCを仮想無線アクセスポイントに拡張し、無線デバイスとインターネット接続を共有できます。
    GIGABYTE Remote
    GIGABYTE RemoteによってユーザはスマートフォンやタブレットなどからPCのキーボードやマウスを遠隔操作できます。
             
         
    Remote OC
    Remote OCは、オーバークロックやシステム設定などを遠隔で調整することのできるアプリです。さらに、システム監視に加えて、遠隔でPCをリセットまたはシャットダウンすることができます。
    Auto Green
    Auto Greenでは、Bluetooth対応のスマートファンまたタブレットなどによってシステムの省電力設定を作動させることができます。デバイスがPCのBluetoothレシーバーの範囲外に出ると、システムは指定された省電力モードに移行します。
       

* ここに記載されている全ての資料は参考用です。 GIGABYTEは、予告なしに変更する場合があります。
* パフォーマンスについては、インターフェイス仕様の理論上の最大値に基づいています。 実際のパフォーマンスは、システム構成によって異なる場合があります。
* 記載されている会社名、商品名、およびロゴは各社の商標または登録商標です。
* メモリー容量は、システムリソースに予約され実際の搭載メモリーより少なくなる場合があります。